帰ってきたDistagon21mm

あるサイトより1日早くゲットしました。

かつてCONTAXであった銘玉の復活です。
Distagon21mm ZF
Res01205





さっそく試写結果


Dsc_6970

Dsc_6974
Dsc_6987
Dsc_6993
Dsc_7009 Dsc_7026


待っただけありました。すばらしい描写です。

・・・でも師匠には「写真は中身だ!」と怒られそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え゛~!?

発売延期だって?
http://www.cosina.co.jp/seihin/co/owabi.html

まさかエイプリルフールネタじゃないよね・・・ _| ̄|○ ガックシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Distagon 21mm ZF 発売

ついに発売の発表が!
http://www.cosina.co.jp/seihin/co/zf-21/index.html
3日ほど迷った挙句、注文しちゃいました(^_^;
・・・がしかし、4月発売なのに「入荷日は未定」だって・・・(やっぱり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MP100!!

かつて私がCONTAXユーザだったころ、好きなレンズでPlanar100mmF2とMakro-Planar100mmF2.8がありました。常々、この2本がひとつになればと思っていたのですが、これが現実のものとなりました。
Makro-Planar100mmF2 ZF (レンズの写真は省略(^-^;)
硝材の進歩のためか、かつてのCONTAXの100mmと比べると軽くコンパクトに感じます。
でも、質感は上回っていると言えます。

では、作例

Dsc_2911_20090228_1759
Dsc_2970_20090228_1801
Dsc_3057_20090228_1870


いずれも開放絞りですが、ばっちり使えます。
もちろん絞り込めばさらに全体にしゃきっとしますが、決して硬い描写にならないところは流石Zeissです。
うーん、またまたZeiss沼にはまりそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元CONTAXユーザーの夢

かつてCONTAXユーザーの間で言われていたこと。
「Nikonのボディにツアイスのレンズ」が夢の組み合わせ・・・
これが、ZFレンズが発売になったことによって現実のものとなってから久しいですが、いよいよ、というかついに私も手に入れました。

これを使いたいがためにNikonへ乗り換えたようなものです。

(ZEが発表になった今、この言い訳は成り立たなくなっていますが・・・)

第一弾「Distagon 25mm f/2.8」です。
Img_0658





なぜ25mmか?
・・・なんとなくです。(^^;ゞ
まあ、ユニークな画角とマクロ並みの近接撮影が可能ということでちょっと気になってはいたのですが。
ツアイス設計でコシナが製造ということは周知のことでしたが、その作りははたして?と思っていたのですが、実際手にしてみてまったく良い方向に裏切られました。
ヘリコイドの感触は適度な重みがありバックラッシュが全く無く、ライカレンズのそれと全く引けをとらない精密感があり、「プレミアム」という言葉がぴったりです。
「CarlZeiss」の名を冠するのにふさわしい作りです。
と、同時にムラムラと危険な「コンプリート」への欲望が沸いてきてしまいます(^^;
ハッキリ言って”京セラ”CONTAXのレンズより作りが良い。と断言しても良いといえます。
ちなみに、このレンズを注文したときお店の人から「在庫はあるけれど、まだ出荷検査前で、検査に一週間ほどかかる」ときいてびっくり。
流石Zeiss基準だ。

さて、薀蓄はこの辺であとは作例です。

Dsc_1191_20081220_410




これでもまだ最短距離ではありません。

Dsc_1323_20081221_542











Dsc_1327_20081221_546






Dsc_1362_20081221_581






写りのほうも、こってりと暖色系の発色でかつてのCONTAXの25mmに近い感じです。

さて、じつはもう一本、発注しているのですがそれは入荷が年明けになるそうです。
気長に待つしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)