案外重宝しています

ハイエンドコンパクトデジカメをこの約1年でG10→GX200→G11→GXRと取っ換え引っ換え買い換えた中(まったくおバカ)、じつは唯一持ち続けているのがPanasonic DMC-FT1です。Img_0001_35 防水・耐塵・耐衝撃性で、28-135mmクラスのズームが飛び出さない、というのはこのままカバンの中に入れておいても邪魔にならないのでいつも入れっぱなしです。

子供に持たせてぶつけたり落とされても(あまり)気にしなくて済むのと、ハイビジョンビデオが撮れるので、特に子供と出かけるときに持ちだします。また、大体のデジカメで動画撮影時に光学ズームが使えないのですが、こいつはしっかり使えるのも良いです。

このFT1もいよいよFT2が発売になるようですが、欲しくなったかというとちょっと微妙です。FT1では高感度がいまいちだったので、この辺が改善されてくるかと期待したのですが、画素数を1400万画素に上げてきちゃいました。

世の中画素数を抑えて高感度の性能を上げて出すのが流れなのに、これはちょっと首をかしげてしまいます。

水中撮影ができるのだから、特にこの辺が重要になってくると思うのですが・・・

ユーザー目線になっていない?その分画像処理でカバーするようですが、どこかみたいな「塗り絵」にならねば良いのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)