M7入院

久しぶりにM7を持ち出して撮影にいきました。
フィルム1本目が終わって、2本目を入れたとき、「?」
・・・カウンターが「5」のまま。
何回やってみても変わらないので、仕方なくお店へ。
全治1ヶ月ほどの入院となりました。
5年保証でよかった・・・

やはり、デリケートなんですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELMARIT M90mm 試写

さて、ELMARIT M90mmで撮ったポジがいくつか上がってきました。

01





02






04






2枚目の石山操車場はポジで見ると、これだけ距離があるのに空気感があります。
3枚目のアヤメは柔らかそうな花の質感が、見たままに撮れていると思います。

やはり、ドイツレンズは「何か」が違うと思います。
ボケのなだらかさや、繊細でありながら硬くない描写、発色の良さ、これらは自分の求めている写真表現にはどうしても欲しい要素です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELMARIT-M90mm

50mm,35mmと来ると、次にはやっぱり望遠側が欲しくなってきます。(^^;
で、中古サイトを見ていたら・・・「お?安い!」とつい”ポチッ”と押してしまって・・・

Img_3593










ちなみに、「撮るライカ」によるとライツ社が推奨する「実用的な」組み合わせは、
SUMMICRON 35mm と ELMARIT 90mmだそうです。

Img_3597
こうなります・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮るライカ

Img_3583

「撮るライカ」 神立尚紀 著    光人社








二週間ほど立ち読みした挙句、面白いのでついに買ってしまいました。
200ページ以上ある本ですが、読みやすくてあっという間に読んでしまいました。
色々ある薀蓄も面白いですが、やはりライカの歴史を撮ってきたカメラという面を知ることができます。

私もM7をがんがん使って行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Summicron 35mm ASPH 試写結果

先週撮ったポジがあがりました。

01



複雑な光の中







02
空気感の再現性


・・・とか書いてみてもなかなかWEBでは伝わりませんね(^^;
それ以前に、3200DPIのフィルムスキャナでもLEICAレンズの描写を拾いきれない、というのが判りました(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Summicron 35mm ASPH

これまたタイミングよく、いつものお店に程度のいい中古が入荷したもんだから・・・

Img_3478






この四角いフードがLeicaっぽい(と思っている)。

禁断の夏のボーナス払い・・・(^^;

まあ、50mmと35mmがあれば80%はLeicaで撮る被写体はカバーできると思うので、当分はLeicaレンズを買わなくてすむでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接触不良?

さっそく、M7のバッテリーを交換してみた。
それにしても、やっぱり普通の店ではなかなか置いていないですねCR1/3Nという電池は。
ヨドバシで見つけましたが、リチウム電池は保存が利くのでまとめて4個買っておきました。
で、帰宅して電池を交換したのですが・・・電源を入れてもLEDが点灯しない。
ひょっとして初期不良?・・・(ーー;

Img_3089






気を取り直して取説を読むと「酸化膜ができると接触不良が・・・」の記述。
んなことあるかなぁ・・・と思いながらも電池を拭いて再度入れると、今度は点きました。
しかし、今度は電源投入時のISO表示が”25”?
入れているフィルムはPROVIA100なのに?
ここで、背面のISO設定ダイヤルを軽くたたいてみると・・・
今度は”100”の表示が(--;
うーん、やっぱり電気仕掛けは日本製が優秀なのでしょうかねぇ・・・
それとも、FM3Aに”浮気”したのでへそを曲げたのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色彩を取り除いて、見えてくるものがある。

16





18





19





22





23





28





モノクロで写真を撮ると、むしろカラーでは見えてこなかったものが見えてくるように感じます。
これはいいかも、と思ったものが案外それほどではなかったり、逆にあまり面白くないかな、と思ったものが予想外に”画”になったり。
それだけに、シャッター切る前に慎重に被写体を吟味する必要があるのかなと、感じています。
奥が深いです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドグリップM

ライカM7はRの付いたボディが美しいのですが、実用にはやや持ちづらいと感じました。
そこでImg_2986 ハンドグリップMを入手しました。





実際手に持ってみた感じでは、かなりホールド性が向上しました。
標準装備にしてもいいと思うくらい、使い勝手が向上します。
見た目にもちょっとハードな感じがして好いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れていた写真の楽しみ

久々にリバーサル135フィルムで撮った写真をルーペで見ながら、選んだコマをマウント詰めする。
ルーペの先に見える小さな別世界に、写真を始めたばかりの頃は夢中になっていました。
レンジファインダーカメラを久しぶりに使い始めて、忘れていたそんな気持ちを思い出してきています。

Epson003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)