残暑お見舞い申し上げます

あっちぇ日が続きますね。

ひさびさに35mmフィルムで撮った写真で、Epson005 ちょっとは涼しく感じられるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF24-105mm F4L IS

昨日、ふらっと寄った例の駅前のお店で。

ショーケースをみるとこのレンズだけ展示品がありませんでした。

私   : 「相変わらず、これ納期遅いんですか?」

店員 : 「そうですね、2~3ヶ月は見ていただいております。予約されますか?」

私   : 「うーん・・・次っていつ入りそうなんですか?」

店員 : 「ちょっと見てきます・・・」

- しばらくして -

店員  : 「・・・明日入りますが?」

私     : 「・・・!?」

・・・ということです。(なんのこっちゃ)

で、ゲットしちゃいました・・・(^_^;

Img_5655 (EOS-1vに取り付けたところ)



さっそく、インプレッションもどきです。

5Dと一緒に登場してきたので、ディジタル用みたいな印象が強いですが、むしろISO感度で自由のきかないフィルムで活用できるのではと思います。
もちろん、高感度ISOで使えるディジタルでは無敵でしょう。

ズームリングは防塵防滴構造のためかちょっと重めですが、ピントリングはスムーズに動きます。
EOS-1vとのバランスは予想通り良く、かなりスナップなんかで活躍できるのではと期待できます。
KissDNに取り付けた場合も、レンズがそれほど重くないためかバランスは良いと思います。

P1000010

 

(GR入院中のため、携帯のカメラにて撮影)




今日は生憎の大雨でしたが、早速KissDNで試写してみました。
この場合画角は38-168mm相当になりますが、実用には十分です。

Img_5640

(さっそく、帰りの信号待ちで・・・)








Img_5652

暗い室内での手持ち



発売直後にシャワー状のゴースト問題とかでいろいろと「ケチ」がついてしまった感のあるレンズですが、今日使ってみた感じでは、もちろんその問題も解決されていますし、広角側のボケ味も十分良いと思います。
全体に絞り開放からピントの合ったところはシャープな写りで、立体感のあるボケ味が得られます。

ただ、やはり24-70と比べると広角側のディストーションは大きめですね。

気になるとことといえば、私の個体だけかもしれませんがズームリングを伸ばして縮めるときに、小さくカサカサした音が聞こえることです。
これは、EF24-70mm(クレームで交換)とかEF-S18-55mm(これもクレームで交換)なんかでも似たような傾向があったので、そんなもんかと思うことにしました。

撮影結果については、まだKissDNでしか確認できていませんが、折を見て紹介していきたいと思います。

---

それにしても、会社が変わってから休日しかBLOG更新できない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲殻系

へこむ事があったのですが、へこんでばかりいられないので、今日は名残雪(というにはちと多いですが)が降る中、撮影に行ってきました。

で、持ち出したのが、じつはEOS-1vだったりします。
いつの間に・・・(^^;
EOS-3では満足できず、ついに手を出してしまいました。(EOS-3は里親募集中)
やはり、今日のような悪天候の中でも撮影ができるというのは、風景写真派にとってはありがたい性能です。

このぬめっとしたデザインには賛否あるようですが、構造的にこういうRのついたボディは衝撃に強いので、奇をてらったというより、機能的な面から採用されたのだと思います。
実際、使っている人たちの話を聞くと、多少ぶつけても(といっても、三脚がひっくり返ったとか言う人もいます(^^;)壊れない、と言う話を良く聞きます。
ボタンが主の操作系も、故障率という面から見れば有利なのではないかと思います。

EOS-1vというカメラを一言で表現すると、「甲殻カメラ」ですね。
IMG_3331

| | コメント (2) | トラックバック (0)