ふと思い出してレンズレビュー

NikonのF4通し標準レンズAF-S 24-120mm とCanonの F4通し 24-105mm F4Lを両方使ったことがあるので、このライバルの違いについて語ります。

Nikon の24-120mm F4については現在所有しているレンズでD700と一緒にメインの機材となっています。

Canonの24-105mm F4Lは所有もしたこともあるのですが、その当時はまだフィルム。その後EOS5Dと使うことがあります。こちらは借り物です。

ズーム倍率の違いといったスペック上の違いはともかくとして、この2つのレンズは描写の性格が大きく異なると感じます。もっとも、使っているボディも異なるのでこの違いは2つのメーカーの画質に対するポリシーの違いともいえます。

まず、Nikonの24-120mm F4ですが、こちらは設計が新しいこともあり開放から解像度が全開で、いわゆる絞りは「被写界深度を変える」だけの機能となっています。最も特徴的と感じたのは、発色の良さです。かつてCONTAXのGレンズの発色の良さが気に入っていたのですが、このレンズはそれに匹敵すると思います。

対してCanonの24-105mm F4ですが、重箱の隅をつつくようなことですが、やや開放では甘めだと思います。画質は、ニコンのこってりとした画質に対して、すっきりとした味がある描写です。

ボケ味にも大きく違いがあって、Canonの方はすっとボケていくのに対して、Nikonの方はふわっとボケていく感じです。

ひとことで言うと、Nikonの方は力強さ、Canonの方は繊細さが味だと言えます。
ライバルとされながらこれほど違うと、正直言って同じマウントで二つを使い分けてみたくなる、そんな魅力がどちらのレンズにもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもやDOMKE F-2

行きつけのカメラ屋さんに、ふらっと寄ってみたらDOMKE F-2 WAXWEARが置いてあったので、つい・・・

Rimg6472_2

Rimg6469

用事のない時にカメラ屋には寄ってはいけません。(^_^;)

以前にも使っていたのですが、最近のDOMKEのバッグはかなり縫製が良くなってきています。
昔のは正直、「このお値段でこの程度か?」と言いたくなるようなものでしたが。

取り外しの出来る内部のレンズケースも以前は仕切りが固定でしたが、新しいものはベルクロで張替えができるようになっています。(もっとも他のメーカーでは当たり前の仕様ですが)

Rimg6470
Rimg6471

カメラバッグとしては緩衝材は最小限にとどめてあるので、機材の保護という点に関してはあまり期待してはいけません。
そのかわり、歩きながら撮影をするような機動性には優れています。

今回のはさらにWAXWEARという生地にワックスを染み込ませてあるものです。
耐水性に優れているとのことなので、今の新潟のような雪降るような中での撮影に向いているかなと思いました。ただ、バッグを触った後の手がなんとなくベトつく感じがします。
このへんは好みが分かれるところでしょう。
私は、ちょっとワイルドな外観に惹かれました。
興味のない人にはただ単になんとなく小汚いバッグにしか見えないかも。^^;

カメラバッグは用途によって使い分けたくなるので、気がつくと数が増えてしまうのは、私だけではないと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッとなる画質

良いレンズは、時々ハッとさせるような写りをみせます。

今年購入したAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR (長い名前どうにかなりませんかね)も、そういった部類のレンズに思います。

Dsc_8038 Dsc_7595

これで撮った写真は、かつてCONTAXのレンズやHasselのレンズに感じた、ハッとときめくような感じを覚える時があります。
同時期に購入したAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (これも長いなぁ)が技術点でかなり高得点を得ているとすると、これにかなりの芸術点が加算されるといった感じです。

同じようにGXRの50mmや28mmのGRレンズユニットもセンサーの大きさを活かして背景をぼかした人物の写真を撮ると、かなりドキドキします。(?)

(こちらは身内の写真がほとんどなので作例は省略)

あとは写真の中身か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerShot みたび・・・(G11ゲト)

キヤノンのPowerShotはG7、G10と買い換えて、その間一旦リコーのGX200に行っていたのですが、またG11に変えてしまいました・・・おバカ。
決め手は、画素数を減らしてセンサーのダイナミックレンジを広げたこと。
で、実際に手にしてみると一昔前(KissDX)くらいの画質になっているのではないか?と感じるほどでした。(正確には比較しておりません)
P1020508



なお、ストラップはOPTECH製にしております。
また、かばんに入れるときにアクセサリーシューの金具が引っかかるので、ニコンのホットシューカバーBS-1を取り付けております。
ちなみに、キヤノンの内蔵ストロボ付きカメラにこのカバーをつけるとストロボが点灯しなくなります。
カバーを改造して付ける手もあるのですが、私はあえて強制的にストロボがつかないようにするためそのまま付けています。サイズはややゆるいのでテープを張ってしっくりくるようにしています。

では、作例・・・
Img_0343





Img_0480










Img_0115

| | コメント (2) | トラックバック (0)

50mmって良いかも。

昨日はちょっと足を延ばして久しぶりに西会津方面へ行ってきました。
山都町で車を降りてちょっとだけ散策してみました。

Dsc_4533
Dsc_4536
Dsc_4547
Dsc_4548

久しぶりにスナップ(っぽい?)撮影をしてみましたが、やっぱりこういう撮影には50mmが一番ですね。
ちなみにレンズはMakro-Planar 50mmF2 ZFです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画素競争の終焉か

CanonからPowerShotG11が発表されましたが、今回の目玉はなんと言ってもG10の1400万画素から1000万画素への”低画素化”です。

http://cweb.canon.jp/camera/powershot/g11/index.html

もちろん、単に画素数をケチっただけではなく、これくらいあれば十分、むしろ余裕のあるピッチで感度をよくするということが狙いです。

私もディジタル一眼はD700を使っていますが、1200万画素もあれば十分だと思います。
そろそろ、ユーザーのそういう声がメーカーにも聞こえてきたということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は3D元年か!?

やばいっ!!ほしいかも・・・
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0305.html

今年はハリウッド映画でも3Dものが大流行のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたDistagon21mm

あるサイトより1日早くゲットしました。

かつてCONTAXであった銘玉の復活です。
Distagon21mm ZF
Res01205





さっそく試写結果


Dsc_6970

Dsc_6974
Dsc_6987
Dsc_6993
Dsc_7009 Dsc_7026


待っただけありました。すばらしい描写です。

・・・でも師匠には「写真は中身だ!」と怒られそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MP100!!

かつて私がCONTAXユーザだったころ、好きなレンズでPlanar100mmF2とMakro-Planar100mmF2.8がありました。常々、この2本がひとつになればと思っていたのですが、これが現実のものとなりました。
Makro-Planar100mmF2 ZF (レンズの写真は省略(^-^;)
硝材の進歩のためか、かつてのCONTAXの100mmと比べると軽くコンパクトに感じます。
でも、質感は上回っていると言えます。

では、作例

Dsc_2911_20090228_1759
Dsc_2970_20090228_1801
Dsc_3057_20090228_1870


いずれも開放絞りですが、ばっちり使えます。
もちろん絞り込めばさらに全体にしゃきっとしますが、決して硬い描写にならないところは流石Zeissです。
うーん、またまたZeiss沼にはまりそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D700

「まだフィルムでいい」と言いながらも「いつかはフルサイズディジタル」と思い続けていたのですが、我がPhoto蔵(ぐら)でもディジタル化の波がやってきて、ついには師匠までEOS-1DsMK3を使い始めたので、仕方なく(うそ)フルサイズディジタルをゲットすることに決めました。
で、発売当時から気になってはいたもののなかなか踏み切れず、ここへきてキャッシュバックキャンペーンに背中を押されてNikonD700。

 

Img_0336_2


Nikonのディジタルは初めてなのですが、まず、感じたのはさすがにフルサイズ機ということだけあって”ややでかい”という感じです。といっても、KissDと比べての話ですが。
感激したのはシャッター音。Nikonのシャッター音は定評があると思っているのですが、乾いた感じで歯切れのいい音はかなり心地よいです。
たかがシャッター音ですがこれでかなり”写欲”に大きく作用すると思います。

さっそく作例です。

Dsc_0201_01
Dsc_0239_01
Dsc_0260_01
Dsc_0263_01

画質についてわかったような口をきける立場ではないのであえてコメントしませんが、今や2000万画素機は当たり前のフルサイズ機で、あえてNikonが1200万画素に”抑えて”出したのがわかるような気がします。

とりあえず今後の私の課題はレンズですね。今もっているのはAi-sだけですので・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧