ディジタル写真のためのPC選び(3)

大げさなタイトルつけた割には、けっきょくコスト優先となってしまいました。
まず、家電量販店にてワゴンセール状態のマザーボードを発見。
これにあわせてパーツを選んでの自作となりました。
主な仕様は以下のとおり
マザーボード    ASUS P5E-VM HDMI
CPU         INTEL Core2Quad Q8300
メモリ        CFD ELIXIR DDR2 PC2-6400CL5 2GB×4
SSD         CFD   32GB (旧PCからの再利用)
グラフィックカード IOデータ GA-8400
DVDドライブ    IOデータ PATA (型番忘れた)
あと、これに IOデータの地デジチューナ GV-MVP/HZ2W
といったところです。
SSDは容量が小さいようですが、これはシステム専用と割り切って、データはすべて外付けHDD(RAID1)に保存するといった方針です。
P1010657





あと、これはうかつだったのですが、メインメモリは”載せられるだけっ”っと8GBを奢ったのですが、WINDOWS XPでは3GBちょいしか認識されません。(^^;
そこで、IOデータの”RamPhantom3”でRAMディスクとして残りのメモリを使うこととしました。

さて、使用感ですが・・・
文句なく以前のPCと比べて早いです(当たり前か)
NX2の起動・データ読み込みにもほとんどもたつかず、快適に動作します。
あと、地デジ環境ですが、同一メーカーでそろえたこともあってか、テレビの観賞はまったくもって快適そのものです。ただ、録画をするとコマ落ちするようです。
写真とは関係ないのですが、ブラウザを起動させてネットを見ながらテレビも見られるというのが、ちょっとうれしいです。
今後は、写真だけではなく、動画なんかにもチャレンジしてみたくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディジタル写真のためのPC選び(2)

さて、一口にパソコンといってもいろいろあります。
独断と偏見で分類わけをすると以下のとおり。

1.メーカー製デスクトップ
2.メーカー製ノートブックタイプ
3.自作

まず、1のメーカー製デスクトップですが、これまたさまざまなメーカーからたくさん出ています。
現在、目をつけているのはSONYのVAIO TYPE-Rです。
しかし、一流メーカーブランド品(?)だけあって、お値段も張ります。
CPUも一世代古いものになってしまいましたが、まだ値段はそれほど下がっていないようです。

次に2のノートですが、今回はきちんとした外付けモニターを使いたいと考えていてパス。
よく「ディジタルは色が悪くてねぇ」なんておっしゃっている方がよくおられますが、よく聞いてみると高価なディジタル一眼レフを買っていても、パソコンはお買い得ノートPCだったりします。ディジタルの写真は”実体”がないだけに出力装置は大事です。

3の自作。これはまず情報収集からはじめなくてはなりませんね。
一口に自作といっても、ベアボーンといった”半完成品”もあります。
これらは今週末あたりにお店へ行って調査することとしましょう。

ちなみにモニターはなるべく予算内でいいものを選ぼうと考えています。メーカーはEIZOか三菱あたりで検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディジタル写真のためのPC選び(1)

D700を使い始めてからほとんどディジタルでの写真を撮るようになってしまいました。
また、時間が経ったところでパソコンの性能が落ちるわけではないのですが、ディジカメでの動画の性能も上がってきてハイビジョンでの動画も当たり前となってくると、さすがに今使っているパソコン(自作ペンティアム4)の性能では追いつかなくなってきました。

・・・という言い訳をして、そろそろパソコンの更新を検討することとしました。
これまでもパーツを少しずつ変えながら”だましだまし”使ってきたのですが、ここらで思い切ってフルモデルチェンジをしようかと思います。ちなみにケースは10年近く使っていますが、この中身は4回くらい”新陳代謝”をしています。

しかし、しばらくパソコンの情報から離れているとあっという間に浦島太郎状態となって、今のところ何にしたら良いのか、皆目検討がつかない状態になっています。
そこで、このブログの中で検討をしていこうかと思います。

さて、どんな結末になるやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)