ミラーレスディジタル一眼

なんと言うか、またやってしまいました・・・
いわゆるミラーレスディジタル一眼レフを、立て続けに2機種購入してしまうという暴挙?に出てしまいました。
R0013826
一つは Nikon 1 V1 もう一つは PENTAX Q 。

実は最初はNikon 1が動画を撮影しながら静止画が撮れる、というのでこれは運動会やイベントなどの撮影にうってつけだと思い、目をつけていました。
思惑通り、高品位なフルHD動画をステレオ音声で撮りながら、ここぞと思った瞬間を写真として同時に記録ができるという利便性が高いカメラだと思います。
しかしながら、写真の作品を撮る道具としては、なぜか気持ち的に盛り上がらない、と感じています。
これは、私個人の撮り方や被写体が関係していると思うので、ある人にはこれは作品作りにうってつけなカメラになるかもしれません。たとえば、スナップを撮ることを考えるとAFはとても早いし、高感度の画質もすこぶる良いので、夜の街の写真なんかはかなり良く撮れます。
では、何がもの足りない原因なのか?
じつは自分でもよくわかりません。
画質もそつなく、便利で隙がないカメラだと思います。
でも、これを使って感じたのはNikonがCanonのようなカメラを作りたくなっているのかな?と言うことです。もちろん、Canonのカメラはそれはそれで良いものです。ただこの二つのライバルメーカーが同じ方向を向いてしまってはあまり面白くないなぁ、ということだと思います。
まあ、非常に優秀なカメラで安心して使えるカメラだと思いますのでも、もちろんこれは使って行きたいと思います。
また、使い込んで行くと良さが見えてくるのかもしれません。
Dsc_0109_116

Dsc_0185_121

で、PENTAX Q。これは当初、全くノーマークのカメラでした。存在は知っていましたが、せいぜい「PENTAXがシャレで作った、トイディジタルカメラじゃないの?」と思っていた程度でした。
しかし、あるサイトで作例を見てぶっ飛びました。ものすごい解像感。よく調べてみると、ローパスレスだというではありませんか!
ちなみにローパスフィルタというのは、従来からのディジタルカメラには必ずと言っていいほど付けられているものです。難しい説明は省きますが、ディジタルカメラで使われているフイルムに相当する画像センサーは、あまり解像度の高い絵が入ってくると、無いはずの縞模様とか本来ないはずの模様とかが出てきてしまうので、あえて解像度を少しだけ落とすために、このローパスフィルターというものが使われているのです。
ただ、弊害として当然のことながら絵がわずかに甘くなってしまって、このことがよく「ディジタルの絵には立体感がない」とか「フィルムとは何かが違う」という印象につながっているのではないか、と私は勝手に解釈しています。
ちなみに、従来からもローパスフィルタのないカメラというのは存在していますが、SIGMA DP1といったような特殊なセンサーを使ったカメラやLeica M9やPENTAX645Digital、プロ用ディジタルバックといった、いわゆるプロ/マニア向けの機材しかありませんでした。
それが、このコンパクトデジカメのようなPENTAX Qで同様の仕様になっているのに驚いたとともに、実際に作例を見てその解像感に納得したのです。
実際に手に入れて、秋の紅葉の景色を撮ってみたり、家の中の小物を撮ってみたりとしていますが、明らかに次元の異なる解像感がある絵が撮れると思います。
見かけによらず、けっこう本格的な風景撮影に使えるカメラだと思います。

Imgp0371

Imgp0397

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon1が、ちと、気になる。

Nikon1が発表になってから、ネットでいろいろ情報を見ていますが、デザインについてはあまり評判が芳しくないみたいですね。
特にビューファインダー内蔵のV1については、あの出っ張りが気に入らないという意見もあるようです。
私は今GXRを使っていますが、できるだけビューファインダーを付けて使っています。やはり見やすいのと、カメラは自分の目に近い所で写真を撮る方が集中できるからです。
ですから、もし、私がNikon1を買うとすれば迷わずV1の方になると思います。
ビューファインダーの出っ張りについて言うと、外付けに比べればビューファインダー付きでコンパクトによくまとまっていると思います。
ノッペリとしたデザインも、鞄とかにいれた場合に引っかかりが少ないように考えられている?とも思います。
あとは画質はもちろんですが、手にとった時の質感とかどうなのか気になります。
これからいろいろと試作機のレビューとかがいっぱい出てくると思いますので、楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループ展の案内状できました

案内状ができました。

Photo_2

 

Photo

私たちの会は30代(会長除く)の若手写真サークルです。
このたび、初めての写真展を開催することとなりました。

お近くへいらした際には、ぜひお立ち寄りください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展やります

私が席をおいている写真サークル「photo蔵(フォトグラ)」の第一回写真展をおこないます。

期間: 10月17日(月)~10月29日(土)
場所: 新潟フジカラー アウラ

この会は私を除いて30歳代以下の若者の会です。
ぜひ、足を運んでみてください。
ただいま案内状作成中ですので、出来上がったらまたお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RICOH GR Digital Ⅳ

久々のブログ更新です。
iPadから書き込みしています。
さて、リコーのGR Digital Ⅳ の発売予定が発表になりました。
と、同時にモニターの募集も行っていたので応募してみました。
もし当たったら、レポートガンガンやりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macユーザーになりました。

 このブログを私の安否確認に使っている人がいるそうなので(笑)、久々に更新します。
 GW前にiPad2を購入してしまい、使っているうちに「これはいい」となって、「やっぱ、Apple製品ならMac使わねば」と、先日ついにMacBookPro15インチを購入しました。
 わずかな間にWidows7(64bit)とiPad2、そしてMacと相変わらず無謀な買い物を行っております。
 それにしても、Widowsマシン(LetsNoteN10)がCore i5 とMacがCore i7 の差こそありますが、これほどMacが快適なら、最初からこちらにしておけばよかった、と思っている次第です。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろありました。

前回ブログを更新してしばらくサボっていましたが、この間に世の中がこれほど大きく変わるような災害があるとは思いもよりませんでした。
ここしばらくは、twitterやFacebookの方に書き込みをしています。
地震のときも電話や携帯メールが使えなくなった時でもTwitterからの情報は途絶えることなく入ってきたことから、災害に強いということが証明されました。
もしまだ初めていないようでしたら、これを機会に始めてみることをお勧めします。

私のTwitterアカウント

私のFacebookアカウント

一日も早く、被災地が復興することを心からお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ出ないのかなぁ

NikonのD700後継機、D700SとかD800とかD900とか色々噂されています。
そろそろ出てきてもおかしくないと思うのですが、勝手にスペックの希望を書き連ねてくなりました。

1.まずファインダー視野率は98%以上。出来れば100%ほしい。
     現行D700の唯一の不満はファインダー視野率なんです。
  まあ、裏を返せばそれ以外はそれほど不満に感じていないということ。

2.小型化。F100位になれば良い。

3.「おまけ」じゃない、動画撮影機能。
  これは、時代の流れから言って、HDは当然でしょう。
  大型センサーの動画って、かなり創作意欲を掻き立てられるので、ぜひ本格的なものを期待します。

4.AFの高速化、高精度化。
  D700って縦位置でAF精度が一気に悪くなるように思うのですが。

5.画素数は、頑固に1230万画素でも良い。
  その分、さらなる好感度化・・・ではなく、階調の再現性をさらに良くしてほしい。

6.えっと・・・あとは思いつかない。内蔵ストロボは無くてもいいかな。

7.GPS内蔵なんて意外と良いかも。

そうそう、それと望遠ズームレンズ、80-400mmのリニューアルはそろそろして欲しいですね。
さすがにAFが遅くて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にほんかい自然写真学校にも乱入(?)してきた。

前回はスタッフとして参加した「にほんかい自然写真学校」ですが、今年は諸事情により参加できませんでした。
しかし、2日目に「乱入」して各教授・参加者をTwitterで紹介して回りました。

順番は私が捕捉して撮影した順です。

Img00037201102121121_2 井村先生

Img00038201102121124_2 福田先生 背景は検問・・・

Img00039201102121136_2 我が師匠、清水重蔵先生

Img00040201102121200_2 CAPA編集長 石田氏

Img00043201102121222_2 神吉先生

Img00044201102121236_3 榎並先生 「なつなみ先生」と読んではいけません。

Img00045201102121241_2CAPA編集部員 Sさん

Img00047201102121412 佐藤仁重先生

最後に、榎並ゼミに潜入したときの記念写真
この中に私もいます。
Rimg6631_1_2

今年もなかなか和気藹々と楽しそうな写真学校でした。

来年は、参加できるかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CP+ 3日目に行ってきた。

訂正:11日は2日目だと勘違いしていました。正しくは3日目でした。

11日CP+3日目に出張ついでに行ってきました。

横浜は初めてでした。
よくカメラ雑誌やWebの新製品のテスト撮影の場所を目の当たりにしてややはしゃいでおりました。田舎者・・・

それにしてもこの日は雪。なんだか、わざわざ太平洋側へ来た気がしない天候でした。

Rimg6543 Rimg6548 Rimg6551

さて肝心のCP+ですが、先ずのお目当てはGXRのMマウントモジュール。
Rimg6557
なんだかちょっと地味な展示でした。モックアップだし・・・
今回はAPS-Cサイズですが、ゆくゆくはフルサイズが出るのでしょう、と期待しております。

それにしてもRICOHブース、大変な盛り上がりでした。まさにお祭り騒ぎ。とても楽しいトークライブを堪能しました。正直これを見ただけでも行った甲斐があったかと。
写真を見るとそのハチャメチャぶり(?)がわかりますよ。(壇上の人物に注目)

Rimg6571 Rimg6593

「お祭り」はこうでなくちゃ。

また、来年も行きたくなりました。

おまけ:
RICOHブースでアンケートも答えてもらえた「GR Digital カイロ」
Rimg6707

追記:

こちらでもその時の様子が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ふと思い出してレンズレビュー